キャラクターデザイン.jp > キャラクターの種類 > 目的による分類

目的による分類

キャラクター自体のデビュー・商品化
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリー、その他に登場するキャラクターそのものが著作物として、商品として世の中にデビューするべく、キャラクターを開発します。
商品ジャンルごとに商品化を許諾するなどして収益を分配することも企画されます。

企業・商店のイメージキャラクター
企業や店舗などの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

商品・サービスのイメージキャラクター
商品やサービスの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(新規キャラクターの開発)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、キャラクターが新規にデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(既存のキャラクターの採用)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、既存の有名・無名のキャラクター使用の許諾を得て利用されます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて