キャラクターデザイン.jp > キャラクターの種類

目的による分類

キャラクター自体のデビュー・商品化
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリー、その他に登場するキャラクターそのものが著作物として、商品として世の中にデビューするべく、キャラクターを開発します。
商品ジャンルごとに商品化を許諾するなどして収益を分配することも企画されます。

企業・商店のイメージキャラクター
企業や店舗などの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

商品・サービスのイメージキャラクター
商品やサービスの永続的なイメージキャラクターとして、時にはロゴマークや広告にも用いられるように、キャラクターがデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(新規キャラクターの開発)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、キャラクターが新規にデザインされます。

広告・販売促進用キャラクター(既存のキャラクターの採用)
企業や商品・サービスの一時的なイメージキャラクターとして、広告や販売促進等に用いられるように、既存の有名・無名のキャラクター使用の許諾を得て利用されます。

キャラクターデザインの手法による分類(一例)

ストーリーの登場人物等
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリー、その他に登場する人物・動物・架空の生物などを、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。
「HALLO KITTY」

ファミリー・キャラクター
人物・動物・架空の生物などのキャラクターの、家族・友人・仲間・敵、その他のそれぞれについて、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。

企業名称・理念・由来等のシンボルキャラクター化
商品特性・サービス内容・イメージ等のシンボル化
「クロネコヤマト(親子のネコのキャラクター)」
「佐川急便(飛脚のキャラクター)」
「ケンタッキーフライドチキン(カーネルサンダース)」

消費者とのコミュニケーション媒体・消費者気分・商品やサービス利用心理のシンボル化
「ライオン(ライオン)」
「ペコちゃん(不二家)」
「カールおじさん(明治製菓)」

商品自体のシンボル化・キャラクター化
「M&M’S(チョコレートのキャラクター)」
「ポテト坊や(カルビー)」

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて