キャラクターデザイン.jp > キャラクターデザイン

キャラクターデザイン開発の手順

(企業・商品キャラクター等の開発の場合)
商品特性・マーケティングコンセプトに基づくアイディア抽出
ブランドが顧客に対し提供する約束(ブランドプロミス)に基づき、ブランドの理念、商品・サービス内容、市場分析・競合分析などに基づき、デザインコンセプト、デザインアイディアを多数、抽出します。
キャラクターの新規開発か、既存キャラクターの起用かを検討します。

(キャラクター自体の商品化の場合)
ストーリーに基づくアイディア抽出
映画・漫画・ゲーム・絵本・ウェブコンテンツなどのストーリーを設定します。
ストーリーに登場する人物・動物・架空の生物などを、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。
家族・友人・仲間・敵、その他のそれぞれについて、プロフィール等を設定し、動物の擬人化、人間の抽象化、その他のデザインをしてキャラクターにします。

キャラクターデザイン手法の検討
企業名称・理念・由来等のシンボルキャラクター化、商品特性・サービス内容・イメージ等のシンボル化、消費者とのコミュニケーション媒体・消費者気分・商品やサービス利用心理のシンボル化、商品自体のシンボル化・キャラクター化など、キャラクター化の手法を検討します。
企業・商品キャラクター等の開発の場合にも、ストーリー、プロフィール等の設定を行います。

キャラクターデザイン案作成
キャラクターデザイン手法、デザインコンセプトごとに、抽出されたアイディアに基づくキャラクターデザイン案を多数、ラフデザイン(ラフスケッチ)にて作成します。キャラクターデザインのバリエーションも多数考案します。

キャラクターデザイン案の絞込み
キャラクターデザイン手法、デザインコンセプトごとに、キャラクターデザイン案を数案前後に絞り込みます。

商標調査
キャラクターデザイン案が商標権を侵害しないか、商標登録できるかどうか、類似の図形商標がないかどうか、海外商標調査や、外国で不適切な意味合いを連想させないか等の調査をします。

キャラクターデザイン案の提案
商標調査を経たキャラクターデザイン案を、キャラクターデザイン作成依頼者に対し提案します。

キャラクターデザイン決定
最終的なロゴデザインを決定します。
必要に応じ、カラー印刷用、モノクロ印刷用、ウェブサイト用、その他使用目的などにあわせたバリエーションデザインを制作します。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて